ロードバイク 初心者ナビ

初めてのロードバイクの選び方

これから初めてロードバイクを購入しようとしている方、一体どれを選ぶのが正解なのか迷いますよね。

メーカーもモデルも、世の中には大変多くの種類のロードバイクが存在します。

情報の多さに手も足も出なくなっている方は少なくないと思います。


が、

基本的には直感でカッコイイ!気に入った!と思ったものをそのまま選べばそれが正解です。断言します。

自分の自転車を愛せること、そして"相棒"だと思えることが最も重要と考えるからです。

兎にも角にもまずはお店に足を運んでみましょう。

たくさんの自転車の中から、貴方にとって光り輝く一台が必ず見つかるハズです。



かく言う私も、

ロードバイクを買ってみたいと思い始めてから実際にお店に足を運ぶまで、

ロードバイク界の情報量の多さに逡巡してしまっておりました。

一体どれを買ったらいいのか、日毎に候補が変わる日々を過ごしました。

しかし、実際にお店に行くと

一台だけ異様に輝いている…。難なく相棒と出会えました。

そして即購入。1mmも後悔はありません。直感に間違いはないのですね。

逆に、どれを買うか迷っている時間がひじょ〜に勿体無かったなと。

買う前に悩む必要はありません。

自転車の上で、またゆっくり考えたらいいのです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

  • 自転車パーツ人気ランキング
  1. サドル
  2. タイヤチューブ
  3. タイヤ
  4. チェーン
  5. タイヤチューブ
  6. ペダル
  7. ブレーキシュー・パッド
  8. タイヤ
  9. サドル
  10. サドル
  11. チェーン
  12. チェーン
  13. サドル
  14. グリップ・バーテープ
  15. スプロケット
    発売日 : 1970年01月01日
    Powered by AmaGetti
    価格 : ¥10,800
    新品最安値 :
    ¥10,800
  16. サドル
  17. シートポスト
  18. ブレーキシュー・パッド
  19. タイヤ
  20. グリップ・バーテープ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

サラリーマンNAO

『ロードバイクで人生が変わった』経験から、その魅力を1人でも多くの方に伝えるべく情報発信中! ロードバイクに出会う前のある日クルマ通勤中に接触事故を起こす。過労により精神・肉体的に追い込まれ失意の中、再発防止のためチャリ通勤へシフトすべくロードバイクを購入、その魅力に衝撃を受ける。 たちまちドハマりすると精神・健康状態がみるみる超回復、自転車仲間も増えて仕事のパフォーマンスやプライベートにも好影響が。 チャリってスゴいわ!

-ロードバイク, 初心者ナビ