ロードバイク 初心者ナビ 機材

初めてのロードバイクと一緒に購入が必要なものリスト

歓喜の瞬間。
初めてのロードバイクを買った!

しかしその幸福も束の間、完成車を購入したのにもかかわらず、
なんとそのまま走り出すことは出来ません。


今回は初めてのロードバイクを購入後、すぐに揃えるべき周辺機材を紹介いたします。

1.ペダル

なんと、完成車と言いつつ完成車にペダルは付属しておりません。果たしてそれは完成してると言えるのでしょうか。

私は言わないと思いました。


まずこれを買わないと自転車を漕ぎ出せず。出鼻を挫かれます。
No.1必須アイテム。
(ですが恐らく大抵の場合、ロードバイク購入時に店員さんが選んでくれると思います。)

 

シマノ SPD SLペダル PD-R540-LA(ライトアクション)

2.ライト(反射器材)

ライトがないとお巡りさんに夜捕まります。というか危ないですね。

相手も気付いてくれないし、こちらも夜路面の凸凹に対応しきれません。

自転車は、夜間走行(日没から日の出の間)およびトンネル内や濃霧の中(50m先まで明瞭に見えない場所)では、反射器材の着用が義務付けられています

ライトは自分の命を守るアイテムですので、特に大事なアイテムです。
相手に自分の存在を知らせることが重要です。

なお、尾灯については「赤色の光」と決められていますので、白いものを付けないように注意しましょう。

 

キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト VOLT400 HL-EL461RC USB充電式

 

キャットアイ(CAT EYE) セーフティライト RAPID3 AUTO TL-AU630 リア用 照度&振動センサー装備

3.ベル

地味に必須アイテム。

実は、自転車は警音器(ベル)の着用が義務付けられています。

義務である以上、付けるしかありません。

だけど実際着けてる人は少ない。。。

 

キャットアイ ベル 真鍮製 ブラック



こんなオシャレなタイプもあります。
(音がめちゃくちゃ綺麗。)

 

KNOG ノグ リング型自転車ベル Oi LUXE

4.ヘルメット

意外かもしれませんが、法の上ではヘルメットを被らなくても問題はありません。

ですが個人的には最も重要なアイテムと思っています。

ロードバイクは初心者でも簡単にスピードを出すことができます。
それが魅力の一つですよね。

ですが、事故の瞬間は突然やってきます。
打ち所の中で最も危険なのは頭部です。
事故を起こそうとして起こす人はいないのです。

不測の事態に備え、必ずヘルメットは着用した方がいいです。

ヘルメットの値段は自分の脳みその値段だと思いましょう。

ヘルメットはロードバイクの色・形に合わせ、気に入ったものを選ぶと良いでしょう。

 

Giro - Aeon Road ヘルメット

5.鍵

これが無いと愛車を駐車できない。はずです。

愛があるうちは。

ロードバイクと盗難は切っても切り離せない関係にあります。
鍵は多ければ多いほど良いでしょう。

泥棒に「この自転車を盗むのは大変だ」と思わせるのが重要です。

※私自身、実は愛車を盗難された経験があります。ほんの15分、目を離していた隙でした。鍵をかけていたのにも関わらずです。

自転車を盗まれると、めちゃくちゃ悲しいです!

 

CROPS(クロップス) Q CP-SPD07




個人的におすすめの鍵はこのOTTOLOCK。
ポータブル性と頑丈さを両立した鍵です。

 

OTTOLOCK(オットロック)

6.防犯登録

意外かもしれませんが、加入は義務ではありません。

ですが、こちらも先と同じ理由で加入しておいた方が良いでしょう。

※シールは防犯登録を受付した店員さんが車体に貼る必要があるため、地味に防犯登録シールをどこに貼られるかハラハラもの。しかも都道府県によってシールのサイズが違います。

貼られた場所によっては最悪愛車を愛せなくなってしまう事態も。

事前にシールを貼る場所を考えておくと良いでしょう。


 

以上が揃えば晴れてあなたも立派なローディです。
いますぐどこかへ走り出しましょう!!!



それでは幸せなロードバイクライフを!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

-ロードバイク, 初心者ナビ, 機材