ガジェット ロードバイク 機材

【激安】超軽量 中華カーボンホイールを試す② 鉄下駄ホイールから交換

コチラは、前回記事↓の続編となります。





また、今回購入したホイールはコチラ↓
(リンク先はaliexpressです。)

ついに到着!

待つこと約1ヶ月。。
またもや巨大な段ボールが自宅に届けれられた。

でかい!

早速、開封の儀を執り行う。


まず最初の印象としてはとても綺麗。

梱包もしっかりしている。



心配の中国クオリティは今回も良い方向に外れてくれたようだ。

外観はとても良い!

想像以上に高品質だ!

くるしゅうなさすぎである!

スペックを確認

注文したスペックを振り返ろう。

・リムハイト:前後30mm
・リムタイプ:チューブレスレディ
・リム幅:27mm
・外観:光沢なしUD仕上げ
・ELITEのステッカー:なし
・ブレーキの表面:Basult

形状は中央が凹んでおり、
チューブレスレディ対応だと分かる。

また、外観はしっかりUDのマット仕上げ・デカール無し。
ブレーキ面もバサルト柄となっている。

注文通りだ。

※バサルトとは玄武岩のことで、
岩石の成分をブレーキ制動面に練り込むことでブレーキ性能の安定化を図っている。




しっかりと、注文通りのスペックで届けて頂いたことを確認した。



付属品

付属品はこんな感じ。


前後クイックリリースと、カーボンリム用ブレーキシュー、予備スポーク、リムテープが付属していた。

ブレーキシューにSHIMANO DURA ACE REPRACEMENTとか書いてあるが、毎回これホンマか?と思う笑

測量タイム

恒例の測量タイムである。

HPでは「30ミリメートル * 27ミリメートル: クリンチャー/チューブレス: 1447 ± 30グラム」とあった。

それに対し、

前後で合計1524gだ。


これは…カタログ値より重い!!!!
中華クオリティがここで!!!

カタログ値よりだいぶ重い。
超軽量カーボンホイールとは言えなくなってきた。。。

まぁゆうて、
たかが数十グラムだ。



ここら辺は華麗にスルーすることとする。
#涙目

インストールしていく

では実際にインストールしていく。

コチラをあらかじめ準備していた。




まずはコチラのリムテープを装着していく。

綺麗に装着できた

次に、チューブとタイヤを装着していこう。

いっちゃんええタイヤを買っておいた。



徐々に完成状態に近づくにつれ、心拍数の上昇を感じる。

タイヤの装着が完了した。

マット調+黒タイヤでかなりシックな仕上がりになった。

良き。


次にスプロケットを装着しよう。

まずグリスをしっかり塗布する。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥1,236 (2024/06/20 01:13:33時点 Amazon調べ-詳細)

まさかハマらないことなんてないよね?
と疑惑を抱きつつハメていく。

。。。

ハマった。

まさかハマらないなんてことはなかった。
無事に装着することが出来た。



毎回のことであるが、中華アイテムをいじっていると、
当たり前の作業が当たり前に進んだだけで、謎の高揚感が生み出される。

このような現象を”中華ーズ・ハイ”と呼んでいる。




最後にブレーキシュー。

カーボンホイール用のブレーキシューに変えていこう。


元からついていたブレーキシューを取り外す。

そして、付属のカーボンホイール用ブレーキシューを装着。

出来た。マンダム。

これを前後実施して作業完了だ。





さあ、ホイールを自転車にインストールだ!

鉄下駄⇨軽量カーボンホイール化フィナーレ

見た目

今ついている、鉄ゲタホイールを取り外し・・・

中華ホイールを取り付ける。

よい!!

思わず頬が緩む。


足元がシックになり、美しさが増した。

びふぉー
あふたー

しばらくチャリを眺めたのち、ビールを飲む。
#発泡酒

ああ。コレだ。

ここでのビールのウマさが満足度のバロメーターになることを私は知っている。
見た目に関しては大満足である。


実走

早速実走してみよう。
直前のホイールは鉄下駄ホイールだったので、それとの比較にとどめる。

漕ぎだしから30km/hまで

結論から言うと、漕ぎだしは超絶軽くなった。

直前に使っていた鉄下駄ホイールは前後で約2000g。
今回購入した中華カーボンホイールは1524g。
ホイール自体は500g(ペットボトル1本分)以上軽くなっているのだから当然と言えば当然だ。


サクサク漕げる。
やはり鉄下駄ホイールから軽量ホイールへの換装は何度やってもやはり良いものだ。

ラチェット音は静音。
走行音が小気味良い。

また、ブレーキもよく効く。
止まる動作に不安は感じられない。



カーボンホイール特有のブレーキ音もイイ感じだ。

30km/h以降

その後、徐々に加速してみた。


鉄下駄と比べるのは酷だが、グイグイ伸びる。
40-50km/hまではすぐに伸びる。

ホイールに硬さはあまり感じない。
剛性は低めか。

デメリット・他

鉄下駄からの交換と言うこともあって、デメリットは何一つ出てこない。

それほどクオリティは高い。

強いて言うならブレーキシューの減りが早くなったことくらいか。

ここまで、不具合や危険を感じる事象はない。

中華カーボンに対する疑惑の目は、
この実走が終わる頃には綺麗に払拭されていた。




ELITEWHEELから恒例のメッセージがとどいていた。

(ざっくり要約)
こんにちは!
追跡情報を確認したところ、すでに荷物を受け取っているようですね。問題はないですか?
あなたが私たちの製品とサービスに満足しているならば、5つ星と良いレビューを残してください。
めちゃくちゃ喜びます!
いつか他の商品が必要な時、VIPプライスでお届けします。
ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。できる限り喜んで対応させていただきます。

うむ。
星5や。
圧倒的星5や。
☆☆☆☆☆や。

まとめ

一言、前回に続き2つ目の中華カーボンホイールの購入となったが、
今回も大満足である。

鉄下駄から軽量ホイールへ交換する快感を、安値で実現できた。
なにより、チャリに乗るのが楽しみがまた一つ増えた。

素人でも手を出しやすい値段帯で、
カーボンリムの魅力を存分に体験させてくれた。

中華とは言え、そのクオリティは非常に高いと言える。
(実はちゃっかりUCI認定ホイールでもある。)

かつて非常に高価なカーボンホイールの敷居をここまで下げてくれた中華カーボンの功績は大きいと考える。

  • 自転車パーツ人気ランキング
  1. サドル
  2. タイヤチューブ
  3. タイヤ
  4. チェーン
  5. タイヤチューブ
  6. ペダル
  7. ブレーキシュー・パッド
  8. タイヤ
  9. サドル
  10. サドル
  11. チェーン
  12. チェーン
  13. サドル
  14. グリップ・バーテープ
  15. スプロケット
    発売日 : 1970年01月01日
    Powered by AmaGetti
    価格 : ¥10,800
    新品最安値 :
    ¥10,800
  16. サドル
  17. シートポスト
  18. ブレーキシュー・パッド
  19. タイヤ
  20. グリップ・バーテープ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

サラリーマンNAO

『ロードバイクで人生が変わった』経験から、その魅力を1人でも多くの方に伝えるべく情報発信中! ロードバイクに出会う前のある日クルマ通勤中に接触事故を起こす。過労により精神・肉体的に追い込まれ失意の中、再発防止のためチャリ通勤へシフトすべくロードバイクを購入、その魅力に衝撃を受ける。 たちまちドハマりすると精神・健康状態がみるみる超回復、自転車仲間も増えて仕事のパフォーマンスやプライベートにも好影響が。 チャリってスゴいわ!

-ガジェット, ロードバイク, 機材

Verified by MonsterInsights