ロードバイク 機材 雑記

SHIMANOシフトレバーをカーボン化するカスタム(フェイクニュース)

投稿日:6月 28, 2020 更新日:

とある界隈で話題になっている”STIカーボン化カスタム”なるものをやってみました。



使用する部品はこちらです。

車の備品コーナーに並んでいる事が多い。




言わずと知れた100円ショップダイソーのロングセラー商品、
Decoration Sheet カーボン柄インテリアシート 裏面シールタイプです。
#シールかい!!!

早速インストール

インストール方法は簡単。

シートをレバーの形に切合わせてハサミでカットし、レバーに貼ります。

以上!!(笑)



するとこのいつものSTIレバーが…

こいつが…
こうじゃ!




うむ。さり気なくてカッコいい。
気に入ったぞ!



周囲の反応を伺う。

意気揚々とカーボン(シール)STIハンドルを握りグループライドへ向かいます。

2回目の休憩あたりでメンバーがカーボン柄に気づき始めます。


え?シマノってこんなレバー出してたの?
なにこれ?新型?


・・・!!

シールかい!(笑)




えぇ。
この世界に少しの笑顔と和やかな時間を生み出すことが出来ました。

総評

STIレバーカーボン化 
メリット
・かっこいい。
・地味に気分がアガる。
・カンパに一歩近づいたような気になる。
・世界に笑顔が増える。
・とにかくお安い。

デメリット
・やっぱり1回目のライドで端っこが剥がれてきて気になる。
 結局、中間休憩ポイントで剥がしてしまいました(笑)

粘着力が今後の課題ですが、
メリットだらけかつ非常にリーズナブルなカスタムですし(100円+税)、
少し気分を変えたい時などお値段以上に効果があるなと感じました。




それでは、素敵なサイクルライフをお過ごしください!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

-ロードバイク, 機材, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Grand Prix 4000SⅡ vs Grand Prix 5000 比較インプレッション

ロードバイク・クリンチャータイヤ界で最強クラスと謳われていたContinental Grand Prix 4000SⅡですが、2018末、更に性能を上げフルモデルチェンジしたGrand Prix 50 …

ロードレースで勝利するには?草レース1ヶ月前マインドセット編

勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし。 この言葉はもともと、江戸時代の大名で剣術の達人でもあった松浦静山の剣術書『常静子剣談』にある一文から引用されたものである。 「負けるときには、何の理由 …

メガネ曇り止めジェルで冬のライドが劇的に変わる

冬ライドの大敵の一つ、サングラスの曇り。 ネックウォーマーやマスクをしながらの冬のロングライド。凍てつく空間に広がる白い息。サングラスのレンズ曇りは避けられません。 走っている時はいいのですが、信号待 …

例のパールイズミ”バナナが食えるマスク”を使ってみた。

パールイズミ MSK-03発売 コロナ禍の昨今、マスク市場に堂々参戦したパールイズミですが、第3弾としてMSK-03を投入してきました。  個人的にその特徴が非常に気になったので、実際にそのパールイズ …

初めてのビンディングシューズの選び方

ロードバイクを手にしたあなたにまず購入いただきたいアイテムは、兎にも角に自転車用の靴である。人はその靴をビンディングシューズと呼ぶ。ビンディングシューズを履くことにより、チャリンコが全く別の乗り物とな …