ガジェット ロードバイク 機材 雑記

【激安】中華カーボンディープリムホイールを購入してみた①

ディープリムは漢の華道

「ディープリムカーボンホイール

ローディなら誰もが1度は憧れたことがあるハズだ。


そう。
ディープリムホイールはシンプルにカッコイイ。



例えばWH-R9100-C60-TU
世界のトップライダーがこぞって採用するSHIMANO製ハイエンドホイールだ。

光沢のある分厚いリムに、
強烈な”DURA-ACE”の文字。

その佇まいは凛として、まさに格式高い、
魅惑的な雰囲気を醸し出している。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥129,000 (2023/02/03 20:48:13時点 Amazon調べ-詳細)









しかしだ。
ディープリムホイールは値段が高い。

例えば上記で紹介したデュラホイールの値段は
フロント:136,701円、リア:162,555円

前後で合計約30万円は、
我々のようなホビーライダーには厳しい。

「高すぎる」の一言に尽きる。
#しかも税抜きだ。

そのお金があれば、
ロードバイク完成車が3台は買えてしまう。
ママチャリなら30台である。


「いつかはディープリム」とは思うものの、
その値段を目の当たりにすれば誰もが逡巡してしまう。
少なくとも私の周りに持っている人はほとんどいない。


その値段の高さと情報の少なさから、
なかなか購入に踏み切れない方が多いのが実態ではないだろうか。

激安!中華カーボンディープリムホイール!

中華カーボンホイールだと?

そんな中、
"中華カーボンホイール"が私の中でひそかに話題となっている。

聞けば、
自分の好きなようにホイールを注文でき、
しかも安価だという。

もちろんディープリムもオーダー可能だ。


4〜5万円でカーボンディープリム。
まるで夢のようじゃないか。

逆に、品質は大丈夫なのかと心配になってくるが。



AliExpressだと?

目を付けたのはAliExpressで売っているホイールだ。

AliExpressとは、中国企業アリババグループ運営の通販サイトである。
Amazonの中国版のようなものだ。

翌日届くような手軽さはないが、
Amazonには無い面白い商品が安価で揃っており、
私もたまに利用させて頂いている。




ものは試しである

ものは試しだ。

デュラホイールに寄せて中華カーボンホイールを発注。
そこにDURA-ACEのステッカーを貼りつけて、
#ぇ?
“なんちゃってデュラホイール“を作っちゃお!と考えた。
#だって
#死ぬまでに1度は
#カーボンディープリムホイール
#履かせてみたいやん。。。




そこから、
AliExpress内の様々なホイールを見て漁る日々が続いた。

数多くの商品の中、注目したのは
ELITEWHEELS Official Store製のホイールだ。

このショップはAliExpress TOP Brandに認定されている。
Amazonで言う“Amazon's Choice”のようなものだ。

好意的なレビューも多く、数多くの販売実績を上げていると言える。

私の感覚では、
アリエクスプレス内でこれくらいのフォロワー数とレビュー数があれば、
かなりの信頼を置ける。

まさにオーダーメイド

どうやらこのショップでは、
・リムタイプ:
 チューブラーか、クリンチャーか、チューブレスか
・リムハイト:35mm, 50mm, 60mm, 88mm
・リム幅:25mm, 27mm
・外観:“編み目状のカーボン柄“か否か
    また光沢かマットか
・ハブの種類
など、希望のスペックを選んで注文できるようだ。

まさにオーダーメイド。
なんだか違う意味で胸が高まってくるのを感じる。



希望スペックはデュラホイールを丸パクリさせていただく。
デュラホイールのリム幅は28mm
リムハイトは60mm

そして外観は光沢のあるリム、
また、編目状のカーボン柄ではないタイプだ。

スペックの検討

リムハイトは当然60mm
リム幅は25mmか27mmを選択できるので、27mmをチョイス。


ハブはホイールの心臓部だ。
ここだけはケチらないと決めていた。

選択したのは、DT Swiss350

これは高級ホイールであるRoval Alpinist CLにも採用されている。
DT Swiss社の誇る高性能ハブだ。

初ディープリムホイールのハブとして全く申し分ない。

DT Swiss350を選択すると1万円ほど高くなってしまう。
が、ここだけはケチるところではない。



リムタイプはちゃっかりトレンドに乗っかり、
“チューブレスレディ“をチョイスする。
#デュラホイールはチューブラーだが・・・。




そして、これらの条件を満たすホイールはコチラだ↓








さて、全ては整った。


早速ポチッてみよう。




長くなってしまったので注文編はまた次回に。





最後までご覧いただきありがとうございます💡
続編はコチラです↓

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
  • 自転車パーツ人気ランキング
  1. サドル
  2. タイヤチューブ
  3. タイヤ
  4. チェーン
  5. タイヤチューブ
  6. ペダル
  7. ブレーキシュー・パッド
  8. タイヤ
  9. サドル
  10. サドル
  11. チェーン
  12. チェーン
  13. サドル
  14. グリップ・バーテープ
  15. スプロケット
    発売日 : 1970年01月01日
    Powered by AmaGetti
    価格 : ¥10,800
    新品最安値 :
    ¥10,800
  16. サドル
  17. シートポスト
  18. ブレーキシュー・パッド
  19. タイヤ
  20. グリップ・バーテープ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

サラリーマンNAO

『ロードバイクで人生が変わった』経験から、その魅力を1人でも多くの方に伝えるべく情報発信中! ロードバイクに出会う前のある日クルマ通勤中に接触事故を起こす。過労により精神・肉体的に追い込まれ失意の中、再発防止のためチャリ通勤へシフトすべくロードバイクを購入、その魅力に衝撃を受ける。 たちまちドハマりすると精神・健康状態がみるみる超回復、自転車仲間も増えて仕事のパフォーマンスやプライベートにも好影響が。 チャリってスゴいわ!

-ガジェット, ロードバイク, 機材, 雑記