ガジェット ロードバイク 雑記

PCまでエアロ化したいローディ【エアロホリックの実態】

エアロは絶対的正義なのか?

世界で加熱するエアロロードバイクの開発合戦。



空気抵抗はロードバイクの天敵の1つ。空力性能の向上が各メーカーの命題となって久しい。

ロードバイク界における昨今のエアロ化の潮流は皆さんご存知の通りだろう。

例:各メーカーのエアロ戦争は勢いを増すばかり CANYON HPより






事実、ここ数年であらゆるメーカーが空気抵抗を抑えたエアロフレームをレースに投入、ツールやジロなど主要レースのリザルトにおいて躍進した。

重量面でも以前ほどのデメリットが少なくなってきたため、山岳コースでもエアロが採用される場合もある。

エアロロードはあらゆる状況下で勝利を収めることができるマシンなのである。

エアロードで勝利するマチューの図:CANYON HPより




もはやエアロを考慮していないフレームはレースシーンにおいて時代遅れとさえ感じられてしまう程だ。

今後もメーカーにとって頭を悩ませるテーマの1つが更なる空力性能の向上であることは間違いない。



そう、全てはエアロに集約されると言っても過言ではない。







・・・と、思われていた。

以下の社会問題が顕在化するまでは。

エアロ化の潮流に伴う弊害

そのような状況の中、我々庶民ローディの脳内も自ずとエアロで埋め尽くされることになる。


またがるバイクはもちろんエアロタイプ



ハンドルも空気抵抗の少ないエアロなものに換装済みだ。





そう言われるとサドルが横に膨らんでいるのも気になってくる。
これはエアロ的に空気抵抗になる。
交換が必要だろう。





ん?
今履いているシューズよりもハイエンドシューズの方が流線形で空気抵抗が少なそうでエアロだな。
勝つためにはもちろん買うしかないだろう。







前モデルよりもさらにエアロ向上15ワット削減??
買うしか???











おかしい。
突起物があると不安だ。全くエアロじゃない。









なんだこれは。
体が震えてきた。。。
そこかしこのエアロが気になって気になって仕方がない。。。














苦しい・・・。
もっとエアロ・・・、
エアロだッ・・・!
















これである。




先述した社会問題とはまさにこのこと。







いわゆる
「エアロホリック」
である。






ロードバイク界で激化するエアロ化戦争の中、サイクリストの中にはこのように重度のエアロホリック〘名〙 (aeroholic)(別名:エアロノイローゼ)に罹患する者が増えている。



エアロホリックの症状は非常に深刻だ。

ロードバイクのエアロ化によって強度の快感や高揚感が得られるようになったサイクリストは、それに対する依存が次第に激しくなり少しでもエアロが不足すると非常に強い飢餓感を感じる。
また空気抵抗になりそうな突起物を見ると精神的・身体的に異常をきたす中毒症状に苛まれ私生活にも影響を及ぼす。







近年、この症状を訴えるサイクリストの世界的増加が地球規模の社会問題となっているのだ。

USBがマジヤバい

このエアロホリックが重症化した結果、ロードバイクはさることながら身の回りのあらゆる日常品についても非エアロ部が気になりだしてしまう。





例えばだ。
筆者がかねてより耐えられなかったのはPCのUSB接続である。

この突起突起突起突起突起突起

ディスプレイやら充電やらUSB接続やらで最低1つはPCにさす必要があると思うのだが、まったくエアロじゃない。

もう目につきだしたら止まらない。
#PCが高速域の空気抵抗に晒されるわけではないのだが?
#関係ない
#すでに症状は重症化している



加えてちょっとぶつかった時にこの突起からUSBが折れる妄想もよくしてしまう。

そんな恐怖に震える日々が続くローディは多い。

解決策、見つかる

先日、アメリカの研究機関は世界の全エアロホリック患者に対する特効薬の開発についに成功した。



このアダプターを見ていただきたい。

USB端子にあらかじめ土台を設置しておくことにより、磁石によってUSB接続を行うというアイテムだ。

そして、L字型という点もミソだ。




このアダプターによってPC配線がこうなった

土台をあらかじめセット。

コレをこうして、

こうすると・・・


















Before











After

どエアロいやないかい!!!



これなら安心だ!
#重症患者もにっこり^^
#エアロい

磁石がめっちゃイイ。

USB接続をしたい時、磁石でカチッとつなぐだけなところが最高にクールだ。

Apple製品で言うMagsafeのような使い心地である。

ハブとの組み合わせによって、通常のUSB接続に加え映像出力・電源・イーサネット接続すべて一本で対応可能だ。





しかもこれならぶつかっても磁石が良い塩梅で外れてくれるので、衝撃でUSBが折れてしまう妄想からも解放される。

万一ケーブルに足を引っかけてもすぐ外れてくれるので、PC本体が机から落ちてしまうといった心配も無用だろう。
これは心理的に意外と大きかった!


別角度からBefore
恍惚のAfter



ああ^~これなら中毒症状も出らんで済むで!

まとめ

本記事ではエアロホリック重症患者のローディに対し、L字型のマグネット式USBアダプターを使ってPCをエアロ化する解決策を提示した。


空気抵抗こそ削減できなかったものの、奇しくも仕事の生産性に関しては数%向上させることに成功した。

PCのエアロ化。
エアロホリックの皆様にはもちろんのこと、主に仕事でPCをメインに使用する一般の方々におかれても是非オススメさせていただきたい。




そしてだ。
ロードバイク界におけるエアロホリックという世界的問題が解決される日が来ることを願いながら筆を置くこととする。

最後までご覧いただきありがとうございました!素敵なロードバイクライフをお過ごしください💡
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

【機械系エンジニア】

過労により精神的に追い込まれたある日、クルマ通勤中に会社の駐車場で接触事故を起こす。ドン底の中、事故再発防止のためチャリ通勤へシフトするべくロードバイクを購入、その魅力に衝撃を受ける。 その後、即ドハマりして精神・健康状態がみるみる超回復。自転車仲間も増えて仕事のパフォーマンスやプライベートにも好影響を及ぼす。 「ロードバイクで人生が変わった」経験から、その魅力を1人でも多くの人に伝えるべく情報発信中。

-ガジェット, ロードバイク, 雑記
-,