パワートレーニング入門 メンテナンス ロードバイク 機材 雑記

ラテックスチューブの空気の抜けっぷりをご紹介

自転車用ゴムチューブの材料は大きく分けて2つございます。

皆様ご存知、ブチルチューブラテックスチューブです。

一般的なチューブ、ブチルチューブは炭化水素からできた合成ゴム。その化学的な特性からチューブ界ではこちらがスタンダードなものとされています。




一方ラテックスチューブは、今では様々な合成ラテックスもございますが、
本来自然からできたナチュラルモイスチャー天然ゴム。





まるで”絨毯の上を走っている”かのような極上の走行感のラテックスチューブ。
マジで最高なんです。マジでモイスチャー。

まさに”究極の通勤”に相応しい乗り味。
とにかく最高なんですが(語彙)、






欠点が一つ。





マジで空気抜けます。


ブチルチューブから変えたばかりの人にとっては衝撃の抜けっぷり。

ブチルチューブに対しラテックスチューブの分子間構造が大きいのがその理由なのですが・・・。





今回はその抜けっぷりをご紹介したいと思います。



実験!

◎供試体:Vittoria - Corsa G2.0 ロードタイヤ (チューブラー)
 ※ラテックス搭載のチューブラータイヤです。




◎試験条件:9bar空気を入れ、放置。
      1日1回空気圧を計測する。

結果!!!

下記の表をご覧ください。

チビります。3日後にはもはや走れんレベルです。
タイヤぺこぺこです。

ブチルチューブなら1週間放置しても空気圧の低下はせいぜい2bar程度でしょう。
もはやスローパンクと言っても過言ではございません(過言)。





2日に一回は空気入れた方がいいレベル、
脳内は常にチューブの空気圧に支配され、
また頻繁な空気入れ作業コストに苛まれます。




毎日の通勤用として性能を取るか、取り扱い性をとるか、
トレードオフの関係なのでしょうか、
妥協が必要なのでしょうか・・・。








否!!!
どちらも実現してこそ究極でしょう。




次回!!!

ラテックスチューブの空気抜けに挑む。

乞うご期待。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

【機械系エンジニア】

過労により精神的に追い込まれたある日、クルマ通勤中に会社の駐車場で接触事故を起こす。ドン底の中、事故再発防止のためチャリ通勤へシフトするべくロードバイクを購入、その魅力に衝撃を受ける。 その後、即ドハマりして精神・健康状態がみるみる超回復。自転車仲間も増えて仕事のパフォーマンスやプライベートにも好影響を及ぼす。 「ロードバイクで人生が変わった」経験から、その魅力を1人でも多くの人に伝えるべく情報発信中。

-パワートレーニング入門, メンテナンス, ロードバイク, 機材, 雑記