ロードバイク 機材 雑記

例のパールイズミ”バナナが食えるマスク”を使ってみた。

パールイズミ MSK-03発売


コロナ禍の昨今、マスク市場に堂々参戦したパールイズミですが、
第3弾としてMSK-03を投入してきました。
 
 
個人的にその特徴が非常に気になったので、
実際にそのパールイズミ最先端マスクをレビューしてみました。
 

[パールイズミ] ベンチレーションマスク ベンチレーションマスク(開口タイプ) MSK-03

まさにバナナが食えるマスク

どこかでみたことあるこの画像。


まさか自分が将来着用する未来になるとは微塵も想像していなかったこのマスク。

このデジャブ感。

全く、人生は何が起きるかわかりません!

パールイズミ:MSK-03投入までの歴史


今回のマスクは、その名の通り市場投入第3弾のマスクです。
 
2020年の4月ごろに第一弾を投入してからもう第3弾ですから、マスクに対する企業努力がとても熱心、開発スピードも非常にはやい。
 

ザックリとですがMSK-03登場までの軌跡をご紹介します。


MSK-01

第1弾のMSK−01は、シンプルに”洗って使える「布マスク」”として売り出されました。
 

[パールイズミ] 布マスク MSK-01 吸汗速乾 立体形状 洗える MSK-01-1 洗える布マスク


・パールイズミのサイクルジャージと同じ生地を使用
・立体形状
・内側にティッシュやガーゼを挟めるポケットを搭載
が主なセールスポイント。
#絶妙にダサカッコいいネーミング。
#−01の初号機感。
#最初から−02を出す気マンマン。
#¥1078(税込)


MSK-02

第2弾のMSK-02は”洗える夏用布マスク”として売り出されました。
MSK−01の正統進化系です。
季節も初夏になり徐々にコロナ禍も弱まってきた頃、夏のローディのニーズともピッタンコです。
 

[パールイズミ] マスク 夏用布製 MSK-02


・素材の表面に微細な穴を設けることで通気性を高めた。
・夏場でもムレにくい。
・洗ってもすぐ乾く。
などの機能が追加で搭載され、−01から進化。
−01からの内側にガーゼを挟めるポケットが搭載されているのはもちろん、
MSK-02からポケットに搭載するためのガーゼが付属品となりました。
#痒いところに手が届いた付属品のガーゼ。
#−01と−02両方集めたくなってくる。
#¥1298(税込)

 

MSK-03

第3弾の最先端マスク、その名もMSK-03。別名ベンチレーションマスク。

ベンチレーションとは:
直訳で、風通し、通気、換気のこと。ファッション用語としては、スポーツウェアやワークウェアのほか、アウトドア系のパーカーなどで着用時の蒸れの軽減や温度調整をするためにデザインされた機能を指す。

[パールイズミ] ベンチレーションマスク ベンチレーションマスク(開口タイプ) MSK-03


MSK-02から超絶進化を遂げたその機能は残暑の中ローディ達の度肝を抜きました。
・口部分が大きく開く仕様。
・呼吸を妨げず、不快なムレを積極的に解放。
・耳にかけるゴムにアジャスターを搭載。耳が痛くならない。
・もちろんガーゼ付き。
#口が開くことによる最強の通気性。
#機能性マスクの集大成。
#ウィルスどこいった。
#¥1738(税込)

 

気になる使用感は・・・?

実際に使用してみましたのでレビューしてみます。
 
・フィット感
はい。普通に良いと思います。
ひもの長さを調整できるアジャスターもgoodです。
 
・フォルム

なんかカラスっぽい。

・呼吸
クソしやすい。
 
・バナナ
食べやすい。
 
・ライド中の使用感
通気性は非常によく、今まで使用したことのあるマスクの中でダントツトップです。
普通のマスクと違って息苦しさはほぼ感じません。
#口の部分が空いているからである。

[パールイズミ] ベンチレーションマスク ベンチレーションマスク(開口タイプ) MSK-03


 
発売当時は一瞬で売り切れ続出していたようですが、
最近になって徐々にですが在庫が復活してきているようです。
(私が購入した時には在庫補充待ちでした。)
 

まとめ

このマスク。
ギャグ担当と思いきや、とんだ失礼。
とても実用的と感じました。
 
というか、MSK-01から03までの開発スピードが異常ではありませんか?
さすがは一流サイクルウェアメーカーです。
 
 
個人的には、更なる進化を遂げたMSK-04の登場が今から楽しみでしかありません。

パールイズミさん、楽しみにしいます!^^
 

[パールイズミ] ベンチレーションマスク ベンチレーションマスク(開口タイプ) MSK-03





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

【機械系エンジニア】

過労により精神的に追い込まれたある日、クルマ通勤中に会社の駐車場で接触事故を起こす。ドン底の中、事故再発防止のためチャリ通勤へシフトするべくロードバイクを購入、その魅力に衝撃を受ける。 その後、即ドハマりして精神・健康状態がみるみる超回復。自転車仲間も増えて仕事のパフォーマンスやプライベートにも好影響を及ぼす。 「ロードバイクで人生が変わった」経験から、その魅力を1人でも多くの人に伝えるべく情報発信中。

-ロードバイク, 機材, 雑記