ガジェット ロードバイク 機材 雑記

【激安】中華カーボンディープリムホイールを購入してみた③(完)

投稿日:

コチラは、前回記事↓の続編となります。
【激安】中華カーボンディープリムホイールを購入してみた②

また、今回購入したホイールはコチラ↓

ついに到着!

待つこと約1ヶ月。。
ついに巨大な段ボールが自宅に届けれられた。

でかい!

早速、開封の儀を執り行う。


まず最初の印象としてはとても綺麗。

梱包もしっかりしている。


心配していた中国クオリティは、
良い方向に外れてくれたようだ。

外観はとても良い!



ほう、
これが噂のスターラチェットか。。。

工具要らずで分解できますね。

いいじゃないか!

想像以上に高品質だ!

くるしゅうなさすぎる!

スペックを確認

注文したスペックを振り返ろう。
・リムハイト:前後60mm
・リムタイプ:チューブレスレディ
・リム幅:27mm
・外観:光沢のあるUD仕上げ
・ELITEのステッカー:なし
・ハブ:DT Swiss 350 シマノ11速
・ブレーキの表面:Basult

形状は中央が凹んでおり、
チューブレスレディ対応だと分かる。

また、外観はしっかりUDの光沢仕上げ・デカール無し。
ブレーキ面もバサルト柄となっている。注文通りだ。

※バサルトとは玄武岩のことで、
岩石の成分をブレーキ制動面に練り込むことでブレーキ性能の安定化を図っている。

しっかりと、注文通りのスペックで届けて頂いたことが確認できる。



付属品

付属品はこんな感じ。


ホイールケース、前後クイックリリースと、カーボンリム用ブレーキシュー、予備スポーク、リムテープが付属していた。

SHIMANO DURA ACE REPRACEMENTとか書いてあるが、
これホンマか?笑

測量タイム

恒例の測量タイムである。

HPでは「60ミリメートル * 27ミリメートル: クリンチャー/チューブレス: 1793 ± 30グラム」とあった。

それに対し、

前後で合計1786gだ。

悪くない!!!!
逆に軽い!

カタログ値よりも少し軽いだけでサイクリストは興奮するという勘所をしっかり押さえている。

ここら辺は流石である。


インストールしていく

では実際にインストールしていく。

まずリムテープを貼っていく。

・・・ちょっと雑すぎたが、、、まあいいだろう。

次に、あらかじめ準備していたチューブとタイヤを装着していこう。

徐々に完成状態に近づくにつれ、心拍数の高鳴りを感じる。

タイヤの装着が完了した。

念願の、カーボンディープリム+飴サイドである。


次にスプロケットを装着しよう。

まさかハマらないことなんてないよね?
と疑惑を抱きつつハメていく。

。。。

まさかハマらないなんてことはなかった。
無事に装着することが出来た。

脱線するが、中華アイテムをいじっていると、
当たり前の作業が当たり前に進んだだけで、謎の高揚感が生み出される。
このような現象を通称”中華ーズ・ハイ”と呼ぶ。


最後にステッカーだ。
あらかじめ準備をしていたステッカーを取り出す。

糸で位置決めをしながら、丁寧に貼っていく。

コレを、

こうして、

こうじゃ!

出来た。マンダム。

これを上下2箇所×表裏×前後で、計8箇所繰り返せば・・・

完成だ。

なかなかええやないか!





さあ、自転車にインストールだ!

ディープリム化・フィナーレ

見た目

今ついている、BORA ONE 35を取り外し・・・

中華ディープリムを取り付ける。

よい!!

「最高!!!!」である。

思わず笑みがこぼれる。

まさに私が欲していた姿になった。
戦闘力アップ。
まさに戦うバイクだ。

しばらくチャリを眺めたのち、ビールを飲んだ。
#発泡酒

ウマい。

ここでのビールのウマさが満足度のバロメーターになることを私は知っている。
見た目に関しては大満足である。


実走

早速実走してみよう。
直前のホイールはBORA ONE 35だったので、それとの比較にとどめる。

漕ぎだしから30km/hまで

結論から言うと、漕ぎだしは重くなった。

直前に使っていたBORA ONE(チューブラー)は前後で1215g。
今回購入した中華カーボンディープリムは1786g。
ホイール自体は500g(ペットボトル1本分)以上重くなっているのだから当然と言えば当然だ。

いや、重くなったのだが、
決して不快というワケではない。
重厚感を感じるというか、直進走行性が増した気がする。

かつての思い出が想起される。

なんと言うか、
この感覚はエントリーカーボンからOltre XR4に乗り換えた時に似ている。
あの時もOltre XR4の乗り味(重厚感・直進走行性)に驚いたものだ。

ディープリムは、このフレームの特性ともマッチしているかもしれない。

上記に加えて、慣性でホイールが回り続けてくれるような感覚がある。
漕ぐのをやめても、ホイール自体が回転をし続けているような感じだ。

いや、巡行が楽しい。

ラチェット音は超静音。
走行音が小気味良い。

また、ブレーキもよく効く。
止まる動作に不安は感じられない。

よく言われる、横風が気になるといったこともほぼない。

30km/h以降

その後、徐々に加速してみた。

確かに、
前評判通り40-50km/hまでの伸びを感じる。

BORAONEで45km/hくらいかな~のペースでちゃっかり50km/h弱のスピードが出ているイメージ。
なるほど、これがディープリムの醍醐味かといった具合だ。

特筆すべきはディープリムの剛性の高さだ。
素人目だが、ダンシングをすれば如実にダイレクト感の違いを感じる。

また、この速度域でも慣性を感じる(速度が落ちづらい)。

デメリット

漕ぎだしの軽快さは圧倒的にBORA ONE 35だ。
信号の多い街乗りには正直向いてないだろう。

また、単純に山では重い。
このままでは普通にライバルに差をつけられそうな気がする。

よって、
スプロケを11-28Tから11-30Tにチェンジ。
一応、これでギアは軽くなる。
重量のデメリットはハイケイデンスでカバーだ。

気づき

ここでふと気づいた。
このホイールは、
かつて不安たっぷりの”中華カーボン”だったということに。

高級カーボンホイールのBORA ONE 35と比べること自体が酷じゃないか。

ここまで、不具合や危険を感じる事象はない。

中華カーボンに対する疑惑の目は、
この実走が終わる頃には綺麗に払拭されていた。




ELITEWHEELからメッセージがとどいていた。

(ざっくり要約)
こんにちは!
追跡情報を確認したところ、すでに荷物を受け取っているようですね。問題はないですか?
あなたが私たちの製品とサービスに満足しているならば、5つ星と良いレビューを残してください。
めちゃくちゃ喜びます!
いつか他の商品が必要な時、VIPプライスでお届けします。
ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。できる限り喜んで対応させていただきます。

うむ。
星5や。
圧倒的星5や。
☆☆☆☆☆や。
お世話になりましたやでマジで。

まとめ

一言、大満足である。

ディープリムの素晴らしい見た目と、空力性能がこの値段で体験できた。
なにより、
チャリに乗るのが楽しみがまた一つ増えた。

値段的に、BORA ONE 35と比べてしまうのは酷だ。

しかし、ELITEWHEELとBORA ONEにはそれぞれ違う持ち味がある。
「今日はどっちのホイールを使おうかな選手権」において、BORA ONE 35と互角に争えてしまう。

中華とは言え、そのクオリティは非常に高いと言える。
(実はちゃっかりUCI認定ホイールでもあるし。)

もちろん、本家のWH-R9100 C60 TUと比べれば性能・輝きともに本家の方が良いのは間違いない。

が、素人でも手を出しやすく、
ディープリムの魅力を存分に体験させてくれた。

かつて非常に高かったカーボンディープリムホイールの敷居をここまで下げてくれた中華カーボンの功績は、大きいと言えるのではないか。


最後までご覧いただきありがとうございました!
それではまた次回💡

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

-ガジェット, ロードバイク, 機材, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「マスクしたままロック解除」でApple Watchは更なる市民権を獲得した

iOS 14.5がリリース iOS 14.5がリリースされ、待望の「マスクしたままFaceIDロック解除」がついに実現した。 iOS 14.5がリリースされ、Apple Watchを着けていれば「マス …

ロードレースで勝利するには?草レース1ヶ月前マインドセット編

勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし。 この言葉はもともと、江戸時代の大名で剣術の達人でもあった松浦静山の剣術書『常静子剣談』にある一文から引用されたものである。 「負けるときには、何の理由 …

AlterLock新モデル予約販売開始

ロードバイクの盗難防止に非常に力になってくれるAlterLockですが、本日より、公式ホームページで待望の第2世代の予約がスタートしています。 現行製品をお使いのユーザーには、特別優待割引クーポンが別 …

チューブの中身はヘリウムにした方がいい

タイヤに空気を入れてる場合なのか? ある日の定時後、車好きのひとと雑談しておりました。 車好きのひと「そういえば、ロードバイクはタイヤに何入れてるの?」私「え?いや、空気ですけど・・・?」自動車はタイ …

【激安】中華カーボンディープリムホイールを購入してみた①

ディープリムは漢の華道 ディープリムカーボンホイール。ローディなら誰もが1度は憧れたことがあるハズだ。 そう。ディープリムホイールはシンプルにカッコイイ。 例えばWH-R9100-C60-TU。世界の …