ガジェット ロードバイク 初心者ナビ 機材

【インプレ】LAZER Genesis AF 2021 Team JUMBO-VISMAレプリカモデル

気づけば、いつも使っていたヘルメットが購入から3年以上経過していた。

見た目的にも年季が入ってきたこともあり、買い替えを決意した。



ロードバイク用ヘルメットには寿命がある。
製品安全協会日本安全帽工業会では、ヘルメットの耐久性を考慮し、有効期間は『購入後3年間』と定められている。
#頭部の安全は最優先である。
#安全のため定期的なヘルメットの買い替えを強く推奨する。




新しいヘルメットとして、前々から気になっていたLAZERのGenesisを購入した。

コチラがなかなかに良かったのでレビューしていきたい。



購入したのはコチラだ。

LAZER Genesis 2021 Team JUMBO-VISMA(チーム ユンボ・ヴィスマ)レプリカモデルである。

LAZER Genesis AFを選んだ理由

現在使用しているのはGIROのAEONだ。

非常にカッコ良くて気に入っていたが、購入から3年以上経過。

見た目的にも年季が入ってきたことを言い訳に、突如買い替えを一念発起した。
#ツールとオリンピックを見た勢いで
#テンションが高まった



選定条件

まずは選定条件から。

ロードヘルメットを選ぶ上で考慮したのは以下の項目だ。
・安全
・軽量
・日本人の頭に合った形状
・ハイエンドモデル
・見た目

安全

理由1つ目、
安全は何よりも大事。最優先だ。

最近のヘルメットだとMIPS(多方向衝撃保護システム)と呼ばれる衝突エネルギーを分散するシステムも若干気になる。

しかし今回はJCF公認ヘルメットであればOKとした。

軽さ

2つ目は軽さ。
ヘルメットは頭に取り付けるものだ。

グラム単位の違いが長時間ライドで体に影響してくる。
安全の次点として、ヘルメットは可能な限り軽い方が良いだろう。

LAZER Genesisはかぶっているのを忘れてしまうレベルの軽さだという。LAZER製ヘルメット史上最軽量である。

日本人の頭に合った形状

3つ目はいわゆるアジアンフィット。
アジア人の頭は欧米人に比べ卵形であるため、欧州ブランドのヘルメットだと合わない場合がある。

快適性と、しっかりとフィットして脱げにくいという両面から選定条件に含めた。

また、脱げにくさは安全面にも繋がる。

LAZER GenesisにはAF(Asian Fit)モデルが用意されている。

ハイエンド

4つ目。ハイエンド。
男は黙ってハイエンドやろが。
「ハイエンドモデル」って文字だけでご飯3杯はいけそうである。

LAZER社のGenesisは、ハイエンドヘルメットの中では手の届きやすい値段帯だ。

通勤自転車に乗るのでヘルメットは毎日かぶる。
毎日使うものはやはりイイものであって欲しい。

目に入ってくるだけで気持ちが少しでも気持ちがアガるならそれは投資価値が高いと言える。

ここまで書いてきて、いや、むしろ体の部位の中で最も大事な頭部を守るのにどうして今までハイエンドじゃなかったのかって気持ちになってきた。全力で頭守ったれよと。なんて危ない橋を渡っていたのか。

ヘルメットは命を預けるアイテムだ。
ここでケチる選択肢は無い。

見た目

つうかシンプルにLAZERのヘルメットさ、カッコイイよね!!!
グランツールでもみんなかぶってるし!!!
#結局見た目である
#上4つのそれらしい理由は
#家族を納得させるためのものである


ロードバイクで速く走るための最重要ファクター、それは見た目だからな!
参考:素人がブレーキを105からDURA-ACEに変えてみた結果

LAZER Genesisの特徴

インプレするに先立ち、LAZER Genesisの特徴を何点かご紹介していきたい。

光の速度

公式サイトにはこう書かれている。
ちょっと何言ってるか分からない。
が、Genesisをかぶることで光の速度で走れるようになる。直感的に私はそう理解した

パフォーマンス

Genesisは、LAZER史上最軽量かつ最新モデルのヘルメットである。
トップレベルのパフォーマンスサイクリングに向けて基準を一新されている。

プロライダーから認められたモデルだ。このヘルメットは入手可能な最軽量、最速、そして最も快適なヘルメットを必要とする複数のUCIワールドツアーチームとそのライダーと共同開発されたという。

世界最強ライダーの一人ログリッチもかぶっている。

軽量

認証テスト規格を満たすよう設計されている一方、被っているのを忘れてしまうほどの軽さと謳われている。これまでのLAZERヘルメットで最軽量である。

フィット感

Advanced Rollsys System®とアジャスタブルヘッドバスケットの合わせ技で、常に完璧なフィット感を実現しているという。

Lazer Advanced Rollsys® System
これはLAZERヘルメット最大の特徴と言っても過言ではない。
ARS(Advanced Rollsys® System)は頭頂部にあるダイヤルを使うことで簡単に調整ができる。ARSはポニーテールフレンドリーなシステムであるだけでなく、頭を全体的にホールドするので、ある個所に圧力が掛かることを防ぐことができる。

アジャスタブルヘッドバスケット
これはは、リテンションシステムの後部を上下に調整することができ、ライダー好みの快適性に応じてヘルメットの縦方向のサイズを変更することができる。

MOVE OOWN 
FOR д ВЕТТЕа НТ

優れた通気性

通気口と内部経路が空気を内部に取りこみ、頭を冷やす。増加された空気の流れが高温でのロングライドの間、頭部は涼しく快適に保たれる。

通気性を十分に確保し、冷却性を最大限に高めている。

X-Staticパッド

抗菌パッドが生地上のバクテリアの成長を抑制し、臭いにおいの発生を抑制する。
#大変ありがたい。

レースパッドとコンフォートパッド

2種類のパッドが付属し、好みのパッドを選ぶことができる。必要に応じて、軽量性もしくは快適性にパッドをスイッチすることができる。

Lazerエアロシェル対応

ポリカーボネートのカバーがヘルメットにしっかりフィットする。エアロシェルが雨、雪あるいは泥が入ってくることを防ぐ。また、エアロシェルが前方とサイドの通気口を塞ぐことで、優れたエアロ性能を発揮する。

#これは知らなかった

アジアンフィット

日本人の頭にフィットする”アジアンフィット”モデル。

日 本 人 の 頭 の 形 に フ ィ ッ ト す る 
。 、 ア ジ ア ン フ ィ ッ ト " 
幅 8 
ア ジ ア ン フ ィ ッ ト 
従 来 モ デ ル 
横 幅 
十 3.4 % 
イ ラ ス ト は 上 か ら 見 た イ メ ー ジ で す

サイズ

S (52~56cm) / M (55~59cm) / L (58~61cm)の3種類。

巻き尺で自分の頭の周長を計測したら56cmだった。
よってMサイズを購入した。


実際の使用感

そんなこんなでLAZER Genesisが自宅に到着した。

さすがハイエンドモデルである。非常に質感が良い。

最高

一言で言えば、それは最高だった。
シンプルにカッコいい!

かぶりやすい。
軽い。
見た目もイイ!
の3拍子である。

GENESISの文字が輝く。

軽い

まず軽さ。

グラムで言えば決して大きくない数字だが、されどその違いは長ければ長いほど身体に効いてくる。
ロングライドでは疲労度に少なくない差が出てくるだろう。


サイズ感

サイズ感も良い。
ジャストフィットである。

やはりアジア人の頭はアジアンフィットで制するべきである。

頭頂部のダイヤルで頭部全体を優しく包み込むようにフィット感を調整できる「アドバンスドロールシス」。
指一本で操作が可能だ。

これがめちゃくちゃ良い!

上部のツマミを回すことで
ヘルメットの閉まり具合をコントロールできる。

ヘルメットも時代とともに進化しているんだなぁと感じた。

また、心配していたキノコ感も全くと言って良いほど感じなかった。

見た目よ

そしてやはり見た目だ。
想像通りそれはカッコ良かった。
最高にクールだった。

あたかもグランツールを走っているような感覚。

日常的に走るその道が、まるでフランスパリの凱旋門に臨む最終ステージを走っているような、そんな感覚。

窓に映し出されるGenesisをかぶった自分の姿を見れば、それだけで速く走れているような気がした。
#気がした。
#これは後に錯覚と気づくこととなる

残念な点

1つだけ残念だった点がある。

Genesisをかぶっても光の速度では走れなかったことだ。

これには期待を裏切られる結果となった。

いや、確かに。光の速さに多少は近づいた。

とは言えだ。
多少は近づいにはせよ、遠く及ばないだろう。

この謳い文句にはいささか踊らされた感を抱かざるを得ない。

#光の速度とは
#なんだったのか

まとめ

以上、1点の不満を除いて、LAZER Genesisは最高に満足いくヘルメットだったと断言できる。

かぶりやすい。
軽い。
見た目もイイ。
の圧倒的3拍子。

LAZERハイエンドモデルのGenesis
ロードバイク用ヘルメットとして、ぜひおススメしたい。


#ブエルタ2021でもログリッチが実際に着用している!!



※基本的に、よほどの販売店でなければAmazonや楽天で買った方が安い気がしている。






最後までご覧いただきありがとうございました!素敵なロードバイクライフをお過ごしください💡
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

-ガジェット, ロードバイク, 初心者ナビ, 機材