ガジェット ロードバイク 機材

【インプレ】チャイルドトレーラーをロードバイクに装着!!

「チャイルドトレーラー」

それはパパローディ夢のアイテムの1つではないだろうか。


今回は楽天で買ったAllen Sportsのチャイルドトレーラーとーーーてーーーーもーーーー良かったのでインプレッションをしていきたい。

チャイルドトレーラーを買うか否か迷っているパパローディのお役に立てれば幸いである。
#もちろんママローディ―も!

そもそもチャイルドトレーラーとは?

チャイルドトレーラーとは、一言でいえば自転車に接続して使用する「自転車用ベビーカー」である。

 日本ではあまりなじみが無いが、欧米では「ママチャリ+チャイルドシート」よりも利用者が多いと言われるほどポピュラーなアイテムである。

チャイルドトレーラーイメージ画像

法律的にはどうなの?

結論から言うと、
法律上の位置づけとしては、チャイルドトレーラーは「乗車装置を設けた人力車」や「馬車」に相当する。

詳しくは道路交通法第2条第1項第11号「軽車両の定義」を参照いただきたいが、きちんと法律的にも認められた乗り物なのである。

なので、堂々と道路を走っていただいて問題ない

*道路交通法第2条第1項第11号・軽車両の定義

軽車両 自転車、荷車その他人若しくは動物の力により、又は他の車両に牽引され、かつ、レールによらないで運転する車(そり及び牛馬を含む。)であって、身体障害者用の車いす、歩行補助車等及び小児用の車以外のものをいう。

道路交通法

Allen Sportsのチャイルドトレーラー

購入したのはコチラ

Allen Sportsの2人乗りタイプのものである。

お値段は楽天で約3万5000円(当時)。
#1人乗りならこれより多少安い。

これを選んだ理由は値段が手が届く範囲だった点とレビューの良さだ。

組み立て

購入後、こんなサイズ感の箱が届く。




2つ折りにしておけば、意外と細い箱にスッポリ収まるサイズである。




中身を箱から出してみた。



コチラが内容物である。




組み立ては簡単。
折り畳まれた支柱を広げ、ジョイントをつなげる。そしてシートを取り付けるだけである。




めでたく、チャイルドトレーラーが完成した!

装着

組み立ててしまえば装着は簡単だ。

専用のアタッチメント↓を、





ロードバイクの後輪(クイックリリースのところ)に装着し、それをチャイルドトレーラーの接合部とつなげるだけである。





本当にワンタッチ。
不安になるぐらい簡単。こんなのでちゃんと外れずに走れるのか・・・?




完成だ!!
とてもお手軽である。

インプレ!!

それでは早速乗っていただこう。

パイロット(被験体)は3歳の息子だ。
身長は100cm、体重は15kg。超軽量ロードバイク2台分の体重である。

日常会話は普通にできるので、ヒアリングをしながらゆっくりと試していく。

まずはチャイルドトレーラーで近くの公園まで行ってみた。

初実走からの所感

まず一言、

「めちゃくちゃおもしれー!!」

そして何より良かったのは、息子もとても笑顔だ。




チャイルドトレーラーの重さは約13kg。
そして子供の重さが約15kg。

「自転車何台分の重さが増えるんだよ。。。」

と思いきや、平たんでは意外と重さを感じない。

いや、S級山岳は厳しいだろうが、
軽い坂では、一番軽いギアでがんばれば特に問題は感じない。

安定感もしっかりある。これならもう1人(次男)乗せても大丈夫そうだ。

これはイイゾ!!!!!!

危険性はどうなのか?

後部座席ママチャリと比較するとチャイルドトレーラーの方が精神的には良い

最初はおっかなびっくりだったが、想像以上の安定感である。

万が一、自分が転んだとしてもチャイルドトレーラーは転ばないというのが精神的安定度に強く寄与していると感じた。

むしろ、ママチャリのチャイルドシートの方がより危険を感じる。どうしても万が一転んだ時のイメージが脳裏をちらついてしまう。不安定感もある。

チャイルドトレーラー付きならスピードも結果的にそれほど出ないから感じる危険も少ない。


子供は楽しんでくれた

20キロくらいまでなら全く怖がらない。そして子供も非日常感を楽しんでいるようだ。

終わった後は「楽しかった!」とのコメントをもらった。「また乗りたい!」とも。これは良かった。

結構小回りも効くので小道にも安心して入れる。

気づいた点としては、子供がチャイルドトレーラー内で動くとサドルから体重の動きを感じる。

またビニールのカバーを閉めようとすると怖がる。息ができなくなりそうで怖いそうだ。これはまた別問題(笑)

結論:「素晴らしい」

これならどこまででも行けそうである。

なによりも、楽しいロードバイクに息子と一緒に乗れるという新しい感覚、これは新しい感覚だ。

そして後ろを振り返れば小さな体ながら全体で風を感じている。一体感。


息子の笑顔も相まって多幸感を感じざるを得なかった。


ロードバイクと子育ての融合

これまで、ロードバイクはあくまで個人の趣味で、子供と遊ぶ時間とは「別」として考える必要があった。

しかしこのチャイルドトレーラーはロードバイクと、愛息子とを繋ぎ合わせてくれる。

その点が素晴らしい。

「ロードバイク×子供」という相容れない概念の融合に素晴らしい未来を感じた。

デメリット

わりとデカい

デメリットを挙げるとすればその大きさだろうか。

収納モードにして70 x 65.6 x 19 cmだ。

置く場所には注意が必要である。

我が家の場合は、駐輪場の1マスをお借りし置かせていただいている。

けっこう重い

重量は13kg弱
これはロードバイク2台分に匹敵する。

けっこう重いので、駐輪場が遠い場合は移動が億劫になりそう。

チャイルドトレーラーの中でもハイエンド品は重量が軽く抑えられている。

この値段帯ではここら辺が限界だろう。

幸い、我が家はマンションの敷地内に駐輪場があるので助かっている。

まとめ

いかがだっただろうか。

今回はチャイルドトレーラーのインプレッションをしてきた。

結論としてはとても素晴らしいアイテムだと思う。


チャイルドトレーラーは、ロードバイクと子育ての融合を果たしてくれた。

今後、土日の力強い相棒となってくれるのは間違いない。



恐らく日本では道が狭い・危険等の理由でまだまだ広まってないのだろうが、欧米のように、「ママチャリチャイルドシート」レベルでカジュアルになって欲しい。

また、より安全だということも広まっていただけたら幸いだ。


次男がしゃべれるようになり、会話で意思疎通ができるようになったら、2人を乗せて走ってみようと思う。

最後までご覧いただきありがとうございました!素敵なロードバイクライフをお過ごしください💡
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

【機械系エンジニア】

過労により精神的に追い込まれたある日、クルマ通勤中に会社の駐車場で接触事故を起こす。ドン底の中、事故再発防止のためチャリ通勤へシフトするべくロードバイクを購入、その魅力に衝撃を受ける。 その後、即ドハマりして精神・健康状態がみるみる超回復。自転車仲間も増えて仕事のパフォーマンスやプライベートにも好影響を及ぼす。 「ロードバイクで人生が変わった」経験から、その魅力を1人でも多くの人に伝えるべく情報発信中。

-ガジェット, ロードバイク, 機材